スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 ペンテコステ礼拝、そして・・・

5月も最終週に突入しました。

日々の雑事に振り回されていても、暦は着実に1日1日先に進んでいきます。

今日はイースターから7週間後の日曜、ペンテコステでした。
そして鶴@離島市内の公立小学校の運動会。
お友だちの教会(日本基督教団小倉東篠崎教会)の奏楽者のお子さんは小学生。
例によって鶴が聖歌隊の伴奏のご奉仕。

今年は賛美歌342番、『神の霊よ、今くだり』でした。
前奏、間奏と伴奏を作りました。 
毎回毎回、牧師夫人の要求に応じるのは鶴にとっては大変。
どうにかこうにか完成、聖歌隊のメンバーとともに気持よく賛美できました。

今日のお花も素晴らしかった・・・      ペンテコステ礼拝のお花 by T沢姉

夕食を終えてから、ネットをサクサク渡り歩いておりましたら、
悲しいニュースが2つ目に止まりました。

鶴の尊敬する音楽評論家の吉田秀和さんが5月22日(火)に鎌倉のご自宅でご逝去。
98歳でした。

そして、バリトンのフィッシャー=ディースカウさんが南ドイツの別荘で5月18日(金)
にご逝去。1925年5月28日生まれだそうで生きていれば明日が87歳のお誕生日でした。
サントリーホールで『冬の旅』を聴いたのは何年前になるのでしょうか?
最終曲の辻音楽師がとても印象に残っております。
ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

生まれて初めて聴いたリュート

初夏の爽やかさを通り越して暑い日が続きますね。
もう5月も半分終わっています。

こんな時こそ、ゴールデンウィーク中の幸せだった時間を思い出しましょう。


亀さまの伴奏で何度かおじゃましたことのある雛蔵で、5月6日(土)の夜、
リュートのコンサートがありました

雛蔵入り口   ・・雛蔵・入り口

傾斜のある坂を登ったところにあり、「鶴には鶴号の運転は無理!」という理由で
先日の大分でのピアノのパーティーでお知り合いになった方の車に乗せていただき
演奏者とともに会場入りした鶴。
ちょっとややこしいのですが、鶴彼ドクターを紹介して下さった調律師さんのお姉さまのご主人さまが当日のリュートの奏者。毎年ゴールデンウィークあたりに大分~小倉・・と離島ツアーをされているそうで、前から行きたい行きたいと思っていたのですが機会がなく、今回初めて望みが叶いました。

夕方明るいうちに到着しましたので、こんなご褒美?が!雛蔵からの景色
皿倉山方面です・・

そして、夕暮れの一瞬こんな太陽が!夕方の一瞬、太陽が縦に長く・・・
気づいてカメラを出すのに手間取り、ちょっと形が崩れかかっていますが
水蒸気か何かの関係で太陽が長方形に見える一瞬とか。

そして、コンサート     夜景をバックに・・・

ヴァイオリンの弦は4本、リュートの弦はちょっと見では数えられない数。
魔術師のような指。たくさんの弦を操り・・

そして音色は・・・(こんな時に困るのが、ボキャブラリーの貧しい鶴)
繊細で優美かな? 言いようのない音色。

一家に一台こんな優雅な音色の楽器があれば、殺伐とした生活から解放されそうです。
いや、ちゃんと演奏する人がいなくては無理ですね。

コンサート中、ず~~~っとうっとりの鶴でした。

そして 夜景に別れを告げ山を降り現実に戻りました。98万人の夜景?















おほしさまコンサート

4月27日から10日が経ちました。

当日お集まりいただいた方々とそれぞれのおほしさまに、そして、
現在病と闘っている方のお体の回復と世の中の平安をピアノの音に重ねお祈りしました。

まだ、10日しか過ぎていないのに、鶴の周りにはなぜか悲しいニュースばかり。
昨日の竜巻の映像を見ていると、生きているのが奇跡のように感じます。


ここ4回、会場で私のピアノを聴いてくれているこのお花、
礼子さんのご主人から・・・彼女は当初このコンサートの実行委員でした。
              おほしさまコンサート2012 礼子さん

今回、リスト編曲のモーツァルトのアヴェ・ヴェルム・コルプスをプログラムに入れました。
薫子さんが病と闘っている時の幼稚園の母の会のクリスマス会で彼女の回復を祈り
礼子さんも一緒にみんなで練習した聖歌でした。
10年前のあの頃を思い出し、ピアノに向かいました。

この会のために毎回お花を用意してくださる幼稚園のF先生。
「今年はいついつコンサートをします。」とご挨拶に伺うと、
「お花と駐車場の手配ですね。」と笑顔で答えて下さいます。
当たり前のようにお願いしている実行委員会・・・、毎回感謝です。
今年は受付にもお花を・・・。
「こちらはお持ち帰りください」とF先生。おほしさまコンサート 受付
会場のお花のミニ版です。(ミニといってもかなり大きいです)

当日のプログラムです♫

J.S.Bach


“Ich ruf zu dir, Herr Jesu Christ” Choralvorspiel (BWV 639)
 「イエスよ、私は主の名を呼ぶ」 コラール前奏曲639 ブゾーニ編曲
Fantasie und Fuge  a-moll BWV904
 幻想曲とフーガ イ短調  BWV904
“Wachet auf, ruft uns die Stimme”   Choralvorspiel (BWV 645)
 「目を覚ませと呼ぶ声が聞こえ」 コラール前奏曲645 ケンプ編曲
“Wohl mir, dass ich Jesum habe” “Jesus bleibet meine Freude”
Choral aus der Kantate “Herz und Mund und Tat und Leben” (BWV 147)
 「主よ、人の望みの喜びよ」  コラール~カンタータ147 ケンプ編曲

L.v.Beethoven  


Klaviersonate  Nr.30  Op.109 E-dur  (1820)
   ピアノソナタ 第30番 作品109 ホ長調
M.Ravel


BOLERO  transcription pour piano par Roger Branga (1929)
   ボレロ    ブランガによる1台のピアノのための編曲

Y.Tohma


Prelude no.1 (2010)
   鶴様へ:サイコロ作曲その1

C.Debussy


L’ISLE JOYEUSE (1905)
    喜びの島

F.Liszt


AVE VERUM CORPUS de Mozart (1862)
   モーツァルトのアヴェ・ヴェルム・コルプス 

Variationen uber das Motiv von Bach:
Basso continuo desu ersten Satzes seiner Kantate “Weinen, Klagen, Sorgen, Zagen”
und des Cruicifixus der H-moll Messe. (1862)
   バッハの動機~カンタータBWV12 の第2曲「泣き、嘆き、憂い、おののき」の通奏低音と「ロ短調ミサ」のクルチフィクスス~による変奏曲
           おほしさまコンサート2012 ありがとう
百合の香りが素敵なこんなお花もブログ友だちさんからいただきました。
ありがとうございました。 昨日までお花も香りも楽しみました。



今回のプログラム、教会でバッハを弾くことに挑戦!、それもピアノという楽器で。
今までと違った取り組み方をしましたし、今まで知らなかったたくさんのことを知る機会にもなりました。
小倉東篠崎教会でチェンバロを弾かせてもらいピアノとの違いを思い知らされたり、そちらのパイプ・オルガンでリストの変奏曲の一部を福田のぞみさんに弾いていただき、リストの同じ曲のピアノ版とオルガン版の違いを肌で感じたり・・・。 とてもよい勉強をすることができたプログラムでした。のぞみさんがいらっしゃらなかったら、教会のオルガンがなかったら・・ここまで深く学べなかったと思います。ありがとうございました。

ラヴェルのボレロも右手で弾くメロディーをオーケストラの楽器を思い浮かべ弾き分けたり・・・それを感じて聴いて下さったという感想をいただきとても嬉しかったです・・・。でも、自分でも何処を弾いているのかわからなくなりそうな長さ、「鶴が修行僧のようだった!」という感想もいただきました。
全くそのとおりで!!

当摩泰久氏が私のために書いて下さった曲、
私は、今回は子供がサイコロを振ろうとずっと躊躇していて最後にやっと振った・・
という理解で弾きました。次回以降、この曲集が完結した時にどのように弾くのかはわかりません。
当摩先生ありがとうございました。

「喜びの島」も弾きこんで「やっとわかった!」ようなところまできました。

いろいろな曲に取り組ませてもらえるこの会、これがなければ
毎日をだらだらと過ごしていたことでしょう。

常に鶴彼の状態を保って下さり、直前に弦が切れた!と連絡すれば 
すぐに大分から張り替えに来てくださる鶴彼ドクターの存在も言葉で言い尽くせない感謝です。

鶴はいろいろな方々に支えられ、何かレールを引いてもらえている気もします。
次々に扉が開かれて次の取り組みが提示されているような・・・。


             すべてに感謝です。


        おほしさまコンサート ジミー

                 ありがとう。



プロフィール

Author:鶴
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。